2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すーちゃん

この間モーニング食べに行った時に。
anan読んで気になる一冊を見つけて。

思わず向かいのTSUTAYAに帰りに寄って買ったこの本。







ちょうど最近友達と話してた。
家族や恋人や仕事や・・・
なーんとなく考えちゃって、でも悩みというほどではなく。


・・・と、思いたいだけなんかも知れない。



そんな微妙な心境を。
描き出したような本。





女の子。
って年からはちょっと卒業したような。


でも女子、って言葉は使っちゃうような。



そんな年頃にうちらもなったんかなー??




小学校の同級生には、結婚して子供もすっかり大きい子たちもいるみたいで。




反面仕事に打ち込んでキラキラしてる子もいる。




たまに自分が宙ぶらりんに見えたり。





でも、人からはうらやまれたり。






みーんな一緒。
悩まないコトなんかない。




どこにいても。




何をしてても。





生きてる限り悩みはつきないモノかもね。






柄にもなくそーんなコトを考えてみたり。






主人公が。


「キラキラ輝く人間になりたいんじゃない。今よりちょっとだけいい人に変わりたいだけ」


って考える。






みんなそうだよ。
きっと。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/18 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashitamohareruya.blog.fc2.com/tb.php/67-e3530115







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。